カーボンオフセット・プロダクツ・プロジェクト(COP)

「第4回カーボン・オフセット大賞」優秀賞受賞

当社の「生物多様性・気候変動オフセットプログラム」にてカーボン・オフセットを実施したコープネット事業連合/コープみらいの取り組みが、「第4回カーボン・オフセット大賞」優秀賞を受賞しました。

NTTデータ経営研究所が主催するカーボンオフセット・プロダクツ・プロジェクト(COP)は、カーボンオフセットにより、企業の事業活動や個人の日常生活におけるCO2排出量削減を実現するオフセットプログラムです。COPに参加し、カーボンオフセットを実施した取り組みに対しては、COP事務局よりカーボンオフセットマークを付与しています。

カーボンオフセット・プロダクツ・プロジェクト(COP)ロゴ

COPでは、2013年度より、「生物多様性・気候変動オフセットプログラム」(Biodiversity & Climate Offset Program)の提供を開始しました。

「生物多様性・気候変動オフセットプログラム」とは、熱帯雨林伐採の進行を食い止めることにより創出されるREDD(*)クレジットを活用するオフセットプログラムです。従来の京都クレジットを活用したカーボンオフセットプログラムにおいては、温室効果ガス排出量のオフセットのみを目的としていましたが、新たなプログラムでは、生物多様性保全やコミュニティ支援を同時に実現します。

(*)REDD(Reduced Emissions from Deforestation and forest Degradation) 森林伐採や劣化を回避することにより森林や地層に固定されている温室効果ガスの排出を食い止めるプロジェクト。

熱帯雨林水辺
オラウータン
コミュニティ

「生物多様性・気候変動オフセットプログラム」によるカーボンオフセットの実績は以下のとおりです。

実施者 実施範囲 実施年度 クレジット種別 クレジット償却量(t) CO2排出量実績(t)
コープネット事業連合/コープみらい 店舗および施設におけるエネルギー使用に伴うCO2排出 2014 VCU 12,100 11,825
2015 VCU 12,300 11,664
2016 VCU 11,400 11,704
2017 VCU 9,500 9,230
2018 VCU 9,500 8,916
2019 VCU 6,800 2020年度に算定
組合員によるコープの熱帯雨林保護 2015 VCU 1,262 -
2016 VCU 2,300 -
2017 VCU 3,335 -
2018 VCU 1,886 -

京都クレジットを活用したカーボンオフセットの実績は以下のとおりです。

実施者 実施範囲 実施年度 クレジット種別 クレジット償却量(t) CO2排出量実績(t)
コープネット事業連合/コープみらい 店舗および施設におけるエネルギー使用に伴うCO2排出 2008~2013 CER 50,425 48,924
NTT都市開発株式会社 サービス付き高齢者向け住宅における居住者の日常生活におけるCO2排出 2012~2014 CER 675 675
年間225トン(1世帯あたり5トンx45世帯にて試算)
大成建設株式会社 技術センターおよびオフィスにおけるエネルギー使用に伴うCO2排出 2010,2011 CER 1,600 1,344
大成建設株式会社 個人の日常生活におけるCO2排出 2010 CER 973 973
(社員による1トン単位購入)
凸版印刷株式会社 工場におけるエネルギー使用に伴うCO2排出 2009 CER 7,614 7,246
61,287 59,162

受賞履歴

【2008年】

コープネット事業連合会が、COPを通じて実現したCO2排出量ゼロ店舗の取り組みで、平成20年度地球温暖化防止活動環境大臣賞(対策技術導入・普及部門)を受賞しました。

スティーヴン・シュナイダー教授からのメッセージ

COPは、世界的気候物理学者である、スティーヴン・シュナイダー米国スタンフォード大学教授(IPCC第二作業部会統括執筆者)からも応援をいただいています。

スティーヴン・シュナイダー教授
教授からのメッセージ
教授からのメッセージ

スティーヴン・シュナイダー(Stephen H. Schneider)

米国・スタンフォード大学教授。気候物理学者。1945年生まれ。1971年にコロンビア大学でPh.D.取得。NASA勤務(1972)、National Center for Atomospheric Research (1973-1996)などを経て、1992年より現職。気候変動に関する世界的論客のひとり。気象物理学分野のオーソリティとして、米国歴代の大統領(ニクソン、カーター、レーガン、ブッシュ、クリントン、ブッシュ・ジュニア)を支えた。京都議定書への米国参加には賛成を表明。著書・共著論文多数。邦訳に、「地球温暖化の時代」(ダイヤモンド社)、「地球温暖化で何が起こるか」(草思社)など。IPCC(第2作業部会:担当は影響、適応、脆弱性)の統括執筆責任者。

訃報

スティーヴン・シュナイダー教授は2010年7月19日に逝去されました。
謹んでご冥福をお祈りします。
シュナイダー教授のご遺志を引き継ぎ、COPではカーボンオフセットを通じて地球温暖化防止への貢献に一層の努力をしていく所存です。

お問い合わせ先

株式会社NTTデータ経営研究所
カーボンオフセット・プロダクツ・プロジェクト(COP)事務局
電話番号: 03-5213-4150

Page Top