コンサルタント紹介(か行)

勝又 求

KATSUMATA, Motomu

情報未来イノベーション本部
先端技術戦略ユニット / マネージャー

メーカー系シンクタンク、地方自治体を経て、NTTデータ経営研究所へ入社。国や自治体における産業振興施策の調査や、ロボットの社会実装を推進する大規模事業に従事。民間向けの事業も多数手がけ、ロボット導入・活用や実証試験の支援、オープンイノベーションを志向したコンソーシアム運営等に取り組む

専門分野・サービス
専門領域
  • ロボット・AI等先端技術の実証、導入
  • 自治体における産業施策調査、立案
  • オープンイノベーション
プロジェクト事例
  • (国)ロボットの社会実装推進事業
  • (業界団体)地方自治体におけるロボット関連施策調査
  • (民間)オープンイノベーションによるコンソーシアム運営支援
もっと見る
  • (民間)ロボット・AI実証支援

加藤 賢哉

KATOH, Kenya

企業戦略事業本部
ビジネスストラテジーコンサルティングユニット/パートナー

大手システムインテグレータを経て、1994年NTTデータ経営研究所入社。主に生産財、サービス財の事業戦略、製品市場戦略、顧客戦略の立案などマーケティング・マネジメント分野のコンサルティングに携わる。

ECビジネス事業化や流通業における次世代ソリューションの戦略策定、ワイヤレスソリューションを用いた新規事業開発などに取り組む。また、グループ経営改革や管理会計などの経営管理分野でも実績をもつ。

専門分野・サービス
PR活動実績
  • 変革期を迎えたeコマース進展の軌跡と今後の展望~躍進するアマゾンの驚異と脅威~(『情報未来』No.56 2017年11月)
  • 消費財流通ビジネスにおける次代の競争原理(『情報未来』No.43 2014年6月)

加藤 真由美

KATOH, Mayumi

情報戦略事業本部
ビジネストランスフォーメーションユニット/シニアマネージャー

日本アイ・ビーエム株式会社でマーケティングスタッフを経験し、国際航業株式会社では新規事業の立上げ、品質/環境マネジメントシステムの構築・運用を手がけたのち、2001年より現職。

顧客ロイヤルティ調査・分析や働き方改革調査などのフィールド調査を得意としている。

業界を問わず、組織風土改革、女性/高齢者活躍推進をはじめとしたダイバーシティマネジメントなどのお客様の組織課題全般について、約20年の検討支援実績がある。加えて、厚生労働省委託事業「働きやすい職場環境形成事業」、「テレワークモデル事業」等の多数の実績がある。昨今では、各種デジタルサービス開発支援(新規事業開発)やBeautiyTech/FemTechに関する動向調査なども行っている。

インタビューやワークショップは、毎年100件を超えて実施している。

社団法人産業カンセラー協会認定「産業カウンセラー」、国家資格キャリアコンサルタント

専門領域
  • 顧客ロイヤルティの調査設計・実施・分析
  • eNPS調査設計・分析(従業員満足度調査設計・分析)
  • デジタルサービス開発支援
  • BeautiyTech/FemTechに関する動向調査
  • ダイバーシティマネジメント(女性/高齢者活躍推進支援)
プロジェクト事例
  • お客様のロイヤルティを高め、ロングタームリレーションシップを実現するための調査設計・実施・分析支援
  • 従業員のエンゲージメント向上を目的に、eNPS調査設計・分析支援
  • 働き方改革に資するデジタルサービスの開発支援(新規事業開発支援)
もっと見る
  • 化粧品業界の市場調査や動向調査
  • 女性活躍支援やシニア層の活躍支援(ガイドブックの作成、研修プログラムの開発・講師など)
PR活動実績
  • 2015~2019年 働き方改革調査
  • 「従業員エンゲージメント(eNPS)調査分析・コンサルティング」で連携~サービス拡充(2018.11.18)
  • HRテック(人材活用) (週刊エコノミスト 2018.4.17)
もっと見る
  • 働き方改革~誰のための働き方改革か (地銀協月報 2017.2)
  • 一億総活躍社会を実現するリローンチ(再出発)への道筋~「リターン戦力」活用のための企業の課題は何か (『オムニ・マネジメント』2016年7月号)

何徳 白樹

KATOKU, Shiraki

企業戦略事業本部
ビジネスストラテジーコンサルティングユニット/マネージャー

野村総合研究所の海外拠点(北京)で12年間勤務したあとに、日本へ帰国するタイミングで転職し、NTTデータ経営研究所に入社。海外拠点に長年勤務していたこともあり、日本企業以外に欧米、中国企業・政府機関を対象に数多くのコンサル案件を実施。

2006年~2010年の期間中は、中国は世界の工場として注目され、多くの日系・欧米系企業が中国で生産拡大・或いは進出することを検討していた時期であるため、外資企業の中国への進出、事業拡大を支援する案件を数多く実施、更に同時期に、北京市政府からの依頼で、外資企業の北京への誘致“Japan Desk”を継続して4年間担当。

2011年以降からは、在中国外資企業及び中国の地場企業を対象に、新規事業立案・実行支援、在中国の中長期発展戦略の策定・見直し関連の案件を数多く実施。

現在では、日本に戻ったこともあり、日本企業を中心に、グローバル戦略・インバンド・海外市場分析といった内容でコンサルサービスを提供。

専門分野・サービス
専門領域
  • 中国・台湾・香港地域
プロジェクト事例
  • 日本5大商社うちの1社に対して、アジア地域全体の中長期発展戦略の見直し支援
  • 日本大手総合電機メーカの中国における各種新規事業の立案・開拓支援
  • 中国大手総合重電メーカのグローバル戦略・新規事業参入戦略

上瀬 剛

KAMISE, Takeshi

社会基盤事業本部
社会システムデザインユニット/パートナー

郵政省(当時(現総務省))、外資系コンサルティングファームを経て現在に至る。

専門は、IT政策、電子政府等の公共分野から、新規事業立案支援、アウトソーシング、ICTを活用した様々な人材育成施策、税・社会保障まで多岐にわたる。

特に公共分野については、民間経営と行政の基幹となる法律等制度、政策との接点に係るコンサルティングを多数手がける。

近年は行政のグローバル化を踏まえた、官民連携での海外進出支援、海外調査等も多数手がけている。

専門分野・サービス
専門領域
  • デジタルガバメント・自治体ICT
  • 行政データ活用
  • 働き方改革・ワークスタイルイノベーション
  • サイバーセキュリティ
  • インフラ輸出・技術移転
プロジェクト事例
PR活動実績 もっと見る

川戸 温志

KAWATO, Atsushi

情報戦略事業本部
ビジネストランスフォーメーションユニット/シニアマネージャー

大手システムインテグレーターを経て、2008年より現職。経営学修士(専門職)。IT業界の経験に裏打ちされた視点と、経営の視点の両面から、ITやテクロノジーを軸とした中長期の成長戦略立案・事業戦略立案や新規ビジネス開発、アライアンス支援を得意とする。

不動産・物流・ホテル・小売・通信・TI・金融・エネルギーなどの幅広い業界を守備範囲とし、近年は特に不動産テック(PropTech/RealEstateTech)や物流テック等のTech系ビジネスやビッグデータ、AI、ロボットなど最新テクノロジー分野に関わるテーマを中心に手掛ける。

2018年より一般社団法人不動産テック協会の顧問も務める。

専門分野・サービス
専門領域
  • 事業戦略やデジタル戦略の立案支援
  • 将来構想策定支援、不動産テック起点の将来像策定支援
  • 新規ビジネス開発・新規サービス開発(ビジネスモデル立案)の支援
  • アライアンス支援、PoC支援
  • 技術活用戦略、技術調査、不動産テックのトレンド調査・分析
プロジェクト事例
  • 不動産テックの新規事業開発支援 (不動産テックの新規ビジネスモデル具体化支援、アライアンス支援)
  • テクノロジーを活用した将来の不動産ビジネスの事業戦略立案支援
  • 将来の物流不動産ビジネスの検討支援 / 物流領域における最新ロボット調査
もっと見る
  • 不動産領域におけるデジタルイノベーションの推進支援
  • デジタルビジネスの調査分析支援 / 不動産テックのトレンド調査分析支援 / 将来の事業化に資するロボティクス領域の調査支援
PR活動実績 もっと見る
  • 不動産テックで加速化するバリューシフトの波 ~賃料モデルからサブスクリプションモデルへ~
    (『情報未来』No.61 2019年3月)
  • 「企業における不動産テックの取り組み動向調査」
    3社に1社は不動産テック(PropTech)に取り組む実態が判明
    ~不動産業よりも他業種のほうが積極的~
    (2019年2月15日)
  • 2019年 不動産テック(PropTech)の行方
    (「経営研レポート」 2019年1月)
  • 不動産テックは海外とは違う日本独自の進化へ~“不動産テック カオスマップ 第4版” 考察レポート
    (「経営研レポート」 2018年12月)
  • “不動産テック カオスマップ”2018年3月版 考察レポート
    (『情報未来』No.58 2018年4月)
  • 各業界のプレイヤーが狙う戦略的要所『スマートホーム』― スマートホームのデータから生まれる次世代マーケティング ―
    (「経営研レポート」 2018年4月)
  • 企業におけるロボットのビジネス活用動向調査
    ロボットの導入・活用に取り組む企業の実態とは?
    ~ ハードルとなる費用対効果・企画、鍵となるソフトウェア人材・社外連携 ~
    (2018年2月2日)
  • スマートホームからVR内見まで--2018年不動産テックの行方
    (「CNET Japan」 2018年1月29日)
  • “不動産テック”(ReTech:Real Estate Tech)カオスマップ2017年版 考察レポート
    (「経営研レポート」 2017年6月)
  • FinTechに代表されるX-Techビジネスの成功要因は “王道” にあり
    ~ 企業のX-Techビジネスの取り組みに関する動向調査 ~
    (2017年2月10日)
  • 不動産テック(ReTech:Real Estate Tech)の有望領域はどこか?
    (「経営研レポート」 2016年9月)
  • 『丸わかり!! フィンテック』(共著 洋泉社 2016年)
  • 不動産業界のプレイヤーは、不動産テックとどう向き合うべきか
    (『情報未来』No.51 2016年7月)
  • 不動産業界のプレイヤーは、不動産テック(ReTech:Real Estate Tech)とどう向き合うべきか
    (「経営研レポート」 2016年4月)
  • ビジネスホテル業の中長期的な競争優位性の構築 ~2020年東京オリンピック後の生き残りに向けて~
    (「経営研レポート」 2016年1月)
  • 大企業におけるxxTechビジネスの新規事業立案の要諦(下) ~マネタイズと差別化におけるポイント~
    (「経営研レポート」 2015年12月)
  • 大企業におけるxxTechビジネスの新規事業立案の要諦(上) ~新規ビジネス案創出におけるポイント~
    (「経営研レポート」 2015年12月)

河野 功

KAWANO, Ko

企業戦略事業本部
マネージングイノベーションユニット/マネージャー

10年以上にわたり、電機・電子、自動車、通信、製薬・ヘルスケア等のテクノロジーをベースとする業種・業界において、企業戦略、新規事業戦略、IT戦略、マーケティング戦略の策定、オペレーション改善・改革、組織改革等のプロジェクトを手掛けてきた。

また、コンサルタントとして、再生医療技術に関する新規ビジネスのハンズオンによる立ち上げ経験を有する。

ソニー株式会社、国内コンサルティングファームおよび外資戦略系コンサルティングファームを経て、NTTデータ経営研究所に参画。

専門分野・サービス
専門領域
  • オペレーションマネジメント
  • オープンイノベーション
プロジェクト事例
  • 大手物流会社 新規事業創出支援

河原 陽一

KAWARA, Yoichi

情報未来イノベーション本部
先端技術戦略ユニット/マネージャー

損害保険会社を経てNTTデータ経営研究所に参画。ITケイパビリティを活かしたガバナンス組織運営設計、DX組織立ち上げから運営支援、IoTとデザインメソッドを活用したサービス・商品開発を得意とする。

直近ではMaaSエコシステムの一環としてのモビリティ開発支援、生活者コンテンツ開発支援の他、サービスロボットエコシステムの確立に向けた制度・仕組みづくりを担当している。

専門分野・サービス
専門領域
  • IoTを活用したサービス・商品開発
  • デジタルをキーとしたイノベーション組織立ち上げ・運営および人材開発支援
  • ロボティクスエコシステムの制度・仕組みづくり
プロジェクト事例
  • 金融機関のイノベーション組織立ち上げ・教育支援
  • 金融機関のデジタルサービス開発支援
  • モビリティメーカーのMaaS開発支援
もっと見る
  • モビリティメーカーのロボティクス事業開発支援

河本 敏夫

KAWAMOTO, Toshio

情報戦略事業本部
ビジネストランスフォーメーションユニット/アソシエイトパートナー

総務省を経て、NTTデータ経営研究所に参画。中長期の成長戦略立案、新規事業開発、産官学連携、DXを得意とする。スポーツ・不動産・メディア・コンテンツ・教育・行政情報化・街づくりなど幅広い領域が守備範囲。業界を問わず、世の中にない新しいテーマの発掘・解決に挑戦し、社会的インパクトを伴うプロジェクトを多く手掛ける。社会の変化の方向性を見極める洞察力・ビジョン構想力と、スタートアップとも協業する行動力・フットワークの軽さを兼ね備えたコンサルティングに定評がある。ラジオやテレビなどのメディア出演経験も豊富。著書に『マイナンバー 社会保障・税番号制度-課題と展望』、『ソーシャルメディア時代の企業戦略と実践』(ともに、金融財政事情研究会)など。

早稲田大学スポーツビジネス研究所招聘研究員、Sports-Tech & Business Lab発起人事務局長、Govtechを一緒に作る会発起人。

専門分野・サービス
専門領域
  • 将来の競争環境変化や市場トレンドを踏まえた事業構想策定、中長期成長戦略策定支援
  • 産官学連携プロジェクトの組成・実証事業の推進支援
  • 社会課題解決を狙いとした新規事業創出、テクノロジー活用戦略立案支援
  • 規制業界におけるX-Tech型、異業種間アライアンスによるビジネスモデル変革支援
  • 街づくり・Society5.0・生活産業全般(STREAM産業)のプラットフォーム戦略
プロジェクト事例
  • スポーツビジネスにおける新たなマネタイズモデルの企画立案、自治体と連携した街づくり事業構想策定支援
  • アスリート向け製品・サービスの事業参入検討・商品企画支援
  • 不動産総合デベロッパーにおける新規情報ビジネスの立案・事業戦略策定支援
もっと見る
  • 放送事業者における中期成長戦略策定支援
  • 教育出版事業者における新規プラットフォームビジネスの構想・事業化支援
PR活動実績
  • 2019/7/24 BSテレビ東京「日経プラス10」出演「五輪がもたらすイノベーション」についてコメント
  • スポーツビジネスの成長産業化とSports-Techの役割 ~「横浜スポーツタウン構想」が描くビジネスエコシステムとは?~(『情報未来』No.57 2018年2月)
  • 異業種間アライアンスによる成長戦略のススメ(『情報未来』No.43 2014年6月)
もっと見る
  • なぜ大企業発のイノベーションは起こらないか?(オープンイノベーションやビジネスコンテストの限界を超えて)(『経営研レポート』2017年8月)
  • Real Estate Techは既存不動産業界にとって脅威となるか (『経営研レポート』2016年4月)
  • デジタル教育ビジネスの展望とビジネスの肝 ~教育の本質とテクノロジーの提供価値の観点から~(『経営研レポート』2016年7月)
  • 規制産業にこそビジネスチャンス ~なぜ1000億円規模の新ビジネスを生み出せるのか~ (『経営研レポート』2016年 1月)
  • ラジオJ-WAVE Prime Factor「2020年の東京のビジネス」出演(YouTube)
  • eスポーツの認知度、eスポーツ系ゲームの実施状況等に関する調査の結果公表

菊重 琢

KIKUSHIGE, Taku

金融経済事業本部
金融政策コンサルティングユニット/シニアマネージャー

東京大学大学院修士課程終了後、2008年4月NTTデータ経営研究所入社。上海のNTT データチャイナへの出向などを経て、事業計画策定支援、金融機関のマーケティング戦略策定支援、金融機関住宅ローン動向調査、消費者金融市場の調査研究など、幅広いプロジェクトに従事。

「月刊金融ジャーナル」や「季刊 個人金融(ゆうちょ財団)」へのカードローン関連の寄稿を多数実施

専門分野・サービス
専門領域
  • アンケート調査による金融機関リテール顧客分析
  • 新規サービス策定支援
  • マーケティング戦略策定支援
プロジェクト事例
  • 金融機関店舗戦略の動向と有人店舗の将来像調査研究
  • 金融リテラシーと投資行動に関する消費者調査
  • 金融機関向け住宅ローン動向調査
もっと見る
  • 保険会社向け新規事業検討支援
  • JV企業立ち上げに係る事業計画策定支援
PR活動実績 もっと見る
  • 「AIが変える2025年の銀行業務」 (共著 近代セールス社 2018年)
  • 「地域金融機関の無担保ローン推進戦略」(CMCセミナー講師 2017年)

北野 浩之

KITANO, Hiroyuki

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/シニアマネージャー

医療機関向けコンサルティング会社、監査法人系コンサルティング会社を経て現職。

主に、医療から健康・予防領域における民間企業の事業戦略の立案、新規事業化支援、マーケティング、ビジネスモデルのフィジビリティスタディ、PoC支援、行動変容モデルや個別化など次世代アプローチ手法の創出支援、国や自治体の実証事業等を中心にプロジェクトを推進している。

また、Public Health3.0の実現に向けて、「健康×街づくり」をテーマに、都市のアクセシビリティ(バリアフリープロジェクト)の実現や地方自治体の地方創生等の活性化支援等に取り組んでいる。

専門領域
  • ヘルスケア分野における事業化支援
  • ヘルスケア分野への新規参入支援
  • 新規ビジネスのフィジビリティスタディ
  • 地方創生・街づくり支援
プロジェクト事例
  • 【民間企業】健康経営向けソリューションのフィジビリティスタディ
  • 【民間企業】ヘルスケア分野における新規事業化支援
  • 【AMED】地域の実情を踏まえた保健指導モデリングAIエンジンの開発支援
もっと見る
  • 【民間企業】特定健診受診のための勧奨手法の検討
  • 【札幌市】現役世代の生活習慣改善に向けた調査・検討業務
PR活動実績
  • 2019/8/28 日経産業新聞 戦略フォーサイス「ナッジ特集 ヘルスケアの課題にナッジをどう活かすか①」
    2019/8/29 日経産業新聞 戦略フォーサイス「ナッジ特集 ヘルスケアの課題にナッジをどう活かすか②」連載記事
  • 2018/8/1 情報未来 「AIに期待される地域の健康課題の解消に向けた取組みの実現性」
  • 5/22 日本産業衛生学会 『IT(AI)を使用した保健指導「保健施策立案のためのAIエンジンの開発について」』
もっと見る
  • 17/9/26 NHK、NST Niigata Smile TV、等
    「AIを活用した保健指導政策立案支援システムに係る研究開発」
  • 7/26 日経、他新聞各紙「IoTで農家支援のシステム開発」※梨の黒こし病対策(防除)を支援するAIエンジンの開発と農家支援アプリの開発を総務省実証で採択され記者会見を実施し、取材を受けたため

城戸崎 祐馬

KIDOSAKI, Yuma

情報未来イノベーション本部
産業戦略ユニット/マネージャー

大手国内製薬企業から外資製薬企業のビジネスコンサルティングを経て、NTTデータ経営研究所に参画。主に、ヘルスケア・ウェルネス・ライフサイエンス業界のコンサルティングを専門とする。民間企業による営業戦略。医療機関の保険診療によるビジネスのみならず、自由診療におけるビジネスのローンチ、ブランディング、拡大支援も行い、医療機関の経営改革およびガバナンス強化、市場動向調査を取り扱う。

専門分野・サービス
専門領域
  • 経営・事業戦略支援
  • 組織体制の強化
  • 医療連携の推進

木村 俊一

KIMURA, Shunichi

情報戦略事業本部
デジタルイノベーションコンサルティングユニット/アソシエイトパートナー

外資系コンサルティングファーム、国内大手シンクタンクなどを経て現職。

専門は新規事業企画、マーケティング、CRM、営業改革など。

現在は民間企業に対する幅広い領域のコンサルティングや、官公庁の調査プロジェクトに従事する。

専門分野・サービス
PR活動実績 もっと見る

楠 大彰

KUSU, Hiroaki

企業戦略事業本部
ストラテジーアンドトランスフォーメーションユニット/マネージャー

大手外資系コンサルティングファーム・システムインテグレータ、人材サービス企業を経て現職。

ICT・サービス・不動産業やR&D組織等に対する、事業戦略策定・組織/業務変革・デジタル技術活用などに携わる。

組織・業務・人材・IT等の複合的な観点でのコンサルティングを提供。

専門領域
  • BPR計画策定~実行推進
  • 営業戦略立案~組織/業務変革
  • IT構想策定
  • デジタル技術活用推進
  • 研究開発(R&D)組織の組織/業務改善

熊田 総佳

KUMADA, Fusayoshi

情報未来イノベーション本部
ビジネスインキュベーション推進室/エグゼクティブコンサルタント

NTT入社。NTTデータ経営企画部担当課長、製造・物流ビジネスユニット長、
産業コンサルティング本部副本部長、NTT理事等を経験し、
NTTデータでは法人分野の新規事業の創造、ニチレイとのノンアセット3PL事業会社の立上げ、JD-NET、MedPlatform(DPCデータのBigData分析基盤)等を推進。NTTではNTTグループ全体の医療・健康ICT、IoT(ホームICT)、クラウド等の推進責任を担う。

現在は、ワンチーム活動モデルを創造し地域包括ケアシステム多職種連携を推進。併せて、落花生を軸とした北海道十勝における生産、加工、流通まで一貫したバリューチェーンを展開するための地域振興事業を立上げ、千葉県とも連携したスマート農業技術を活用した革新的な落花生生産体系を推進。

専門分野・サービス
専門領域
  • 医療・健康ICT戦略と推進戦略の立案と実行
  • 通信レイヤからアプリケーションレイヤまで含めたICT戦略
  • 新規事業の創造と推進
  • 経営戦略
  • SCM戦略
プロジェクト事例
  • 十勝において落花生を軸とした地域振興事業をより加速化させるため、十勝グランナッツ合同会社(LLC )の設立とLLCへの事業支援を行います。
  • 土屋ライスファーム落花生生産実証プロジェクトは、落花生の乾燥工程における工業的技術革新の実証とAIを活用した収穫適期予測の実証を行います。
  • 地域包括ケアシステムの多職種連携において、ワンチーム活動支援による仕組み作りとICTを両輪で推進するモデルを構築し、目標管理の仕組みを導入している。
PR活動実績
  • 2017/9/17 日本在宅医療学会にて「地域包括ケアシステム~効果的なワンチーム活動支援~」を口演

栗山 祐一

KURIYAMA, Yuichi

企業戦略事業本部
マネージングイノベーションユニット / マネージャー

システムインテグレーターを経て、NTTデータ経営研究所入社。主に金融機関向けのシステムグランドデザインの策定から運用保守までをプロジェクトマネージャとして多数携わる。また、大規模システム開発におけるPMO支援でプロジェクトリーダとして多数実績をもつ

専門領域
  • システムグランドデザインの策定
  • 大規模開発のPMやPMO支援
プロジェクト事例
  • 一般財団法人における業界共通試験のシステム刷新プロジェクトのPMO支援/FY18~20
  • 大手輸送企業における基幹系システム刷新プロジェクトのPMO支援/FY17~20
  • 大手都市銀行における国内AMLシステム開発プロジェクトのPMO支援/FY16~17
もっと見る
  • 大手都市銀行における海外AMLシステム開発プロジェクトのPMO支援/FY15~16
  • 大手債権保証企業における営業支援システムの法制度改正に伴う追加開発/FY14~15

桑島 八郎

KUWAJIMA, Hachiro

金融経済事業本部
グローバル金融ビジネスユニット/アソシエイトパートナー

長期信用銀行、メガバンク、大手証券会社、外資系コンサルティングファームを経て現職。

従前はITガバナンスを中心に、システムの共同化、IT人材の育成等のテーマを中心としてプロジェクトに携わってきた。近年では、地域金融機関向けのデジタル戦略、デジタルオンリーバンクの構築に係るコンサルティングを中心に活動してきたが、最近では、RegTech/SupTechの推進に係るプロジェクトに加え、デジタルプラットフォーマーに係る規制の検討、デジタル時代のコーポレートガバナンスに係る検討に範囲を広げ活動を行っている。

今後、データドリブン社会へとシフトする中で、FinTech/RegTechを統合した総合デジタル戦略をベースに、企業のデジタルコーポレートガバナンス構築支援を提供していく。

日経FinTechでの情報銀行、デジタルバンクのインタビューおよび、デジタルバンク、RegTechに係る講演等多数。

専門分野・サービス
専門領域
  • デジタルバンキング戦略立案・推進
  • RegTech戦略立案・推進
  • 地域金融機関におけるデジタル戦略立案・推進
  • デジタル時代のコーポレートガバナンス構築の検討支援
プロジェクト事例 もっと見る
  • 国内金融機関における業務生産性指標の策定支援
  • AI・データの利活用に係るガイドライン策定
PR活動実績 もっと見る

小暮 淳一

KOGURE, Junichi

情報未来イノベーション本部
産業戦略ユニット/マネージャー

外資系コンサルティングファームを経て、現職。

事業計画策定支援、事業再生支援、ハンズオンでの業務改善支援、リスクマネジメント等のコンサルティングに取り組んでいる。

近年では主に、経営戦略、コンソーシアム設立・運営、地域医療連携促進等の戦略系コンサルティング、中央省庁、地方公共団体等のBCM・地域防災力強化の推進、医療機関のBCP策定、救急医療体制整備、国際的ビッグイベント等の災害対策・リスクマネジメント支援に関するコンサルティングを遂行している。

専門分野・サービス
専門領域
  • 経営戦略支援
  • 新産業創出等を目的としたコンソーシアム設立・運営支援
  • 防災業務計画・BCPの策定、BCMの推進支援
  • 地域医療連携の推進支援
  • 救急医療体制整備支援
プロジェクト事例 もっと見る
  • 救急医療体制整備に関する支援
  • 国土強靱化に資する災害医療資機材に関する調査支援
PR活動実績
  • 茨城県の医療機関に対するBCPの策定に関する説明会を実施
  • 宮城県の地域医療連携・医療介護連携に関する講演を実施

小島 卓弥

KOJIMA, Takuya

社会基盤事業本部
社会システムデザインユニット / シニアマネージャー

2000年成蹊大学法学部・政治学科卒業、2002年中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程修了、2001年大学院在学中にアドバンストビジネスマネジメント入社。2005年ウッドランド(株)コンサルティング事業部チーフコンサルタント、フューチャーアーキテクト株式会社経営企画室等を経て、2010年6月より総務省行政評価局入省。2015年6月より EY(Ernst & Young)アドバイザリー株式会社マネージャー。2017年9月より現職。

主な著作に「働き方改革時代の行政の業務改革戦略」(2019年学陽書房)、「自治体 予算要求の実務」(2016年学陽書房)、「公共施設が劇的に変わるファシリティマネジメント」(2012年学陽書房。第8回日本ファシリティマネジメント大賞 奨励賞受賞)、他多数。

専門分野・サービス
専門領域
  • 行政機関の業務改革
  • 行政評価
  • 公共ファシリティマネジメント
プロジェクト事例
  • 政府、自治体における各種BPRの実施
  • 大規模自治体への総務事務センター(自治体版シェアードサービス)の導入支援
  • 政令市等への外部評価の導入
もっと見る
  • 産学官連携事業の効果測定の実施支援
  • 活動基準原価計算(ABC)を活用した行政コスト・業務量把握、及びそれに基づく業務改革
PR活動実績
  • 2018年10月~参議院行政監視委員会調査室 客員調査員
  • 2016年12月~日本評価学会・理事(研修委員会・上級評価士認定小委員会担当)

小林 栄

KOBAYASHI, Sakae

社会基盤事業本部
エコビジネス・サポートセンター/マネージャー

ITシステムインテグレーターを経て、NTTデータ経営研究所に参画。二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業(JCM)を担当。コンサル業務として、案件化のアドバイス、公募資料作成、内示後の申請資料作成、交付決定後のプロジェクト管理、プロジェクト終了時の完了報告書作成、補助金受領まで、豊富な具体例に基づき、支援をする。

専門分野・サービス
専門領域
  • 二国間クレジット制度資金支援事業の立案と実行支援
プロジェクト事例
  • 太陽光発電と蓄電池システムに関わる案件
  • セメント工場の廃熱回収に関わる案件

小林 隆照

KOBAYASHI, Takateru

社会基盤事業本部エコビジネス・サポートセンター/マネージャー

二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業(JCM)を担当。

コンサル業務として、案件化のアドバイス、公募資料作成、内示後の申請資料作成、交付決定後のプロジェクト管理、概算請求、プロジェクト終了時の完了報告書作成、補助金受領まで、豊富な具体例に基づき、支援をする。

専門分野・サービス
専門領域
  • 二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業(JCM)に関する立案及び実行支援
プロジェクト事例 もっと見る
  • 太陽光発電に関わる案件

小林 洋子

KOBAYASHI, Yoko

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/マネージャー

米マサチューセッツ工科大学修士(都市計画)。国際機関、外資系会計事務所を経て2006年6月より現職。一人ひとりが自分らしく生きられる持続可能な社会や地域づくりに向けて、健康、医療、教育等の分野のコンサルティングや調査、実証事業支援、事業企画支援に携わる。行動科学理論、データサイエンスを社会課題に活かす行動デザインコンサルティングを立ち上げ中。プライベートでは一男一女の子育てをする中で共働き時代に仕事と子育てを両立するには地域コミュニティーが重要と実感。子育て中の親子と地域をつなぐイベントを通じたコミュニティー運営や子どものための街中の空間づくりに取り組んでいる。国分寺市ボランティアセンター運営委員、国分寺市まちづくりデザイン会議委員。

著書に、『未来を拓くマイナンバー 制度を使いこなす事業アイディア』(中央経済社、共著)、『どうなる? どうする! 共通番号』(日本経済新聞出版社、共著)。

専門分野・サービス
専門領域
  • 行動科学の社会課題、行政施策活用(ナッジ等)
  • データサイエンス(人間の深層心理を把握するデータベース:人間情報データベースの行政施策活用)
プロジェクト事例
  • 【国土交通省】コンパクトシティ形成に向けたナッジ型アプローチに関する検討業務
  • 【札幌市】現役世代の生活習慣改善に向けた調査・検討業務
  • 【民間企業】人間の行動選択に関する研究調査
もっと見る
  • 【民間企業】患者特性に応じた双方向コミュニケーションシステム開発支援
PR活動実績
  • 日経産業新聞 戦略フォーサイト連載 人を動かすナッジ理論(全体監修、第1回、第10回、第13回、第15回)
  • 国際会議 Applying Neuroscience to Business/脳科学の事業応用に登壇 発表内容”Applying behavioral insights and nudge techniques into social issues”
  • どうすれば男性の育児休業取得者が増えるのか?~男性の家事・育児に関する価値観調査
もっと見る
  • どうすれば人は動くのか~公共ペルソナ・マーケティングによる政策アプローチの可能性
    (風評被害対策を事例として)
  • 子育て女性の活躍と地方創生のカギは「潜在層」への働きかけと自治体の関わり

小林 洋介

KOBAYASHI, Yosuke

企業戦略事業本部
ビジネスストラテジーコンサルティングユニット/アソシエイトパートナー

大手外資系コンサルティング・システムインテグレータ等を経て、NTTデータ経営研究所入社。自動車、家電、通信、金融、運輸、航空、B to Bサービス等、幅広い業界のコンサルティングを経験。特に、営業改革・CRM改革などの顧客接点改革と新規事業の戦略立案・実行支援のコンサルティングに強みを持つ。

専門分野・サービス
専門領域
  • 戦略立案から実行支援まで
  • 営業改革、BPR支援
  • DXの構想立案・組織立上げから展開支援まで
プロジェクト事例
  • 独自調査研究「日本企業のデジタル化への取り組みに関する実態調査」
  • 情報未来「デジタルトランスフォーメーションの羅針盤」

コンサルティングについてお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
Page Top