コンサルタント紹介(た行)

高橋 拓朗

TAKAHASHI,Takuro

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/マネージャー

地方公共団体、システムインテグレーターを経て現職に至る。

人口減少社会において持続的な地域経営モデルを確立することをライフワークとし、行政の効率化、地域産業の高度化、テクノロジーを活用した生活の質の向上に取り組む。デジタル戦略立案及び実効、業務効率化を得意とし、中央省庁や地方公共団体の数多くの案件に従事してきた。また、近年は行動インサイトを活用したコンパクトシティ施策の実証、IoTを活用したインバウンド観光振興策の検討、オープンデータを活用した歩行空間の移動支援などの案件に従事し、都市計画、観光振興、バリアフリー、農業など幅広い分野から地域における生活の維持・向上を目指した取り組みを行っている。

専門領域
  • デジタル戦略策定
  • ITガバナンス
  • 行政経営の効率化
  • 地域活性化、地方創生
  • 地域産業活性化
プロジェクト事例
  • コンパクトシティ形成に向けたナッジ型アプローチ検討業務
  • 持続可能な歩行空間移動支援サービスの構築
  • データ分析による除排雪作業の効率化検討

高橋 なほ佳

TAKAHASHI, Naoka

金融経済事業本部
グローバル金融ビジネスユニット/マネージャー

専門は、ペイメント・送金分野に係る事業企画・戦略策定支援(国内、インバウンド、クロスボーダー)。

各国の金融制度を踏まえた決済インフラやリテール決済の動向調査にも多く従事。

近年は、銀行(メガ・地銀)・カードブランド・決済代行会社・物流・MNO・商社等に対して、決済事業における戦略策定(上流)から業務フロー策定(下流)まで幅広い領域に渡る支援を実施。

専門分野・サービス
プロジェクト事例
  • カードブランドのイノベーション推進方針策定支援
  • 地方銀行におけるFinTech研究会の推進および戦略策定支援
  • 物流ファイナンス会社のアジア進出における新規決済ビジネス構築支援
もっと見る
  • 銀行系決済代行会社の設立・戦略策定支援
  • 金融庁向け欧米各国ACHシステムおよび制度に関する調査
  • 地方銀行・決済事業者等におけるインバウンド観光事業企画支援

高山 文博

TAKAYAMA, Fumihiro

情報未来イノベーション本部
デジタルコグニティブサイエンスセンター/シニアマネージャー

大学院卒業後、2011年NTTデータ経営研究所入社。メーカー、小売・流通業、金融機関などへのマーケティング支援を経験。2016年にデジタルコグニティブサイエンスセンターに創設メンバーとして参画。数万人規模の性格、価値観、認知バイアスなどのデータを蓄積した「人間情報データベース🄬」を立ち上げ、リーダーとして牽引。

専門分野・サービス
専門領域
  • データ収集・分析・施策実行支援
  • AI導入に向けたコンサルティング支援
プロジェクト事例 もっと見る
  • 男性の家事・育児に関する価値観調査
PR活動実績
  • 【戦略フォーサイト】人を動かすナッジ理論(7)「パーソナライズ化の波」
    (「日経産業新聞」連載 2019年8月27日)
  • 「人間情報ビッグデータ産学共同研究の可能性について」(講師・パネリスト)
    (日本神経科学学会主催「第40回日本神経科学大会 産学連携シンポジウム」 2017年7月)
  • 「"デジタル・コグニティブサイエンス"で消費者のニーズに迫る」
    (「NODE:1」 NTTデータ 2017年5月)
もっと見る
  • 人間の本質を理解することを目的とした「人間情報データベース」の開発
    (『情報未来』No.52 2016年10月)
  • 『"未来予測"による研究開発テーマの決め方』
    (共著 技術情報協会 2016年7月)
  • 【レクチャー】 人工知能が創る未来
    (「日経産業新聞」連載 2016年3月7日)

竹内 敬冶

TAKEUCHI, Keiji

社会基盤事業本部
社会・環境戦略コンサルティングユニット/シニアマネージャー

国内シンクタンクを経て、2010年5月より現職。 通信、エネルギー、ITなどの分野の各種調査研究・開発プロジェクトに従事。OR・統計解析手法にも詳しい。

近年はエネルギーハーベスティング分野に注力。エネルギーハーベスティングコンソーシアムの事務局長を務める他、関連調査・コンサルティング業務を受託。 JST A-STEP 戦略テーマ重点タイプ「IoT、ウェアラブルデバイスのための環境発電の実現化技術の創成」プログラムオフィサー。JST CREST/さきがけ複合領域「微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出」領域アドバイザー。文科省地域イノベーション・エコシステム形成プログラム「磁歪式振動発電事業化プロジェクト」事業プロデューサ(金沢大学客員教授)。東京医科歯科大学非常勤講師。NEDO技術委員。

著書に『エネルギーハーベスティング-身の周りの微小エネルギーから電気を創る“環境発電""』(日刊工業新聞社)など。

専門領域
  • エネルギーハーベスティング、IoTに関する市場調査、技術調査
  • エネルギーハーベスティング技術、IoTの導入に関するコンサルティング
プロジェクト事例
  • エネルギーハーベスティングコンソーシアム
  • NEDO「クリーンデバイス社会実装推進事業/省エネルギー化センサシステム普及拡大のための環境発電デバイス実装事業」
  • NEDO「エネルギーハーベスティング技術の用途の特定と市場動向・技術開発動向に関する分析」
もっと見る
  • 総務省「スマートなインフラ維持管理のためのICT基盤の確立」
  • 民間企業「各種環境発電技術による発電量可能性調査」
PR活動実績 もっと見る
  • エネルギーハーベスティング(環境発電)に関する技術セミナー(主催:長崎県工業技術センター)
  • Energy Harvesting USA 2016 講演 "Developing Energy Harvesting Technologies for IoT Applications"(主催:IDTechEx)

田中 理視

TANAKA, Satoshi

社会基盤事業本部
社会システムデザインユニット/マネージャー

民間シンクタンクを経て、現職。情報セキュリティ及び情報ガバナンスなどを中心に、調査研究及びコンサルティング業務に従事する。近時は、マイナンバー関係のコンサルティング(民間、地方公共団体)、医療情報管理、個人情報保護、各種情報の管理に求められるセキュリティ対応、AI及びデータ等、IoTにおいて重要となるテーマにおける法的問題の整理などをテーマとする。

専門分野・サービス
専門領域
  • 情報法
  • 情報セキュリティ
プロジェクト事例
PR活動実績
  • 「国民の「安心」を前提とした民間利用の検討」(「週刊 金融財政事情」 2013年9月2日号 金融財政事情研究会)

田中 仁

TANAKA, Hitoshi

金融経済事業本部
金融政策コンサルティングユニット/マネージャ-

大学卒業後、某信託銀行に入社し、銀行統合に伴うシステム統合プロジェクトの企画運営を経験。

その後、NTTデータ経営研究所に参画し、金融業界における新規ビジネス企画、実行支援を専門とし、複数のプロジェクトを実行。

専門分野・サービス
専門領域
  • 新規ビジネス企画、実行支援
  • デジタル、オープンイノベーション戦略策定
プロジェクト事例
  • 某システムインテグレーター向け
    オープンイノベーション創発拠点の立ち上げ支援
  • 某金融機関向け
    情報銀行設立にかかる戦略策定、新規ビジネスアイデアの創出支援
  • 某スタートアップ向け
    金融機関との協業スキーム構築支援、金融インフラ構築に向けた中長期ロードマップの策定支援

田中 麻衣

TANAKA, Mai

社会基盤事業本部
社会システムデザインユニット/マネージャー

地方公共団体、シンクタンクを経てNTTデータ経営研究所に参画。

行政改革、事業評価の見直しに関する業務をはじめ、観光・地域振興など具体的な事業における効果推計、諸外国におけるデータ利活用フレームワークや政策・制度が与える影響に関する調査分析などに従事。直近ではEBPM(エビデンスに基づく政策形成)の観点から、公共部門におけるデータマネジメントの高度化、社会的インパクト把握のための研究も手がける。

専門領域
  • 行政経営品質・業務改善
  • EBPM(エビデンスに基づく政策形成)
  • 行政におけるデータマネジメント・データ活用
  • 政府統計データの二次的利用
プロジェクト事例
  • 政策誘導機能発揮を軸とした計画と評価の在り方に係るコンサルティング
  • 諸外国等における課税の動向等及び日本企業の税務対応状況等に係る調査研究
  • 政府統計データの二次的利用の促進に係る調査研究
もっと見る
  • 諸外国におけるダイバーシティの視点からの行政評価の取り組みに係る調査研究
  • データ活用戦略にかかる米国調査
PR活動実績
  • EBPMセミナー(参議院行政監視委員会調査室)
  • 電子行政キーワード:EBPM(日経xTECH)
  • 新たなICTを活用したエビデンス・ベースの政策運営 ~国や地方公共団体政策部門における官民データ活用~
もっと見る
  • 英国における行政記録情報の活用にむけた検討
  • データからみる「ダブルケア」の実態
    介護ライフスタイル情報誌「Care Life Today」

朝長 大

TOMONAGA, Dai

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/シニアマネージャー

医業経営コンサルティング会社、医療機関を経て現職。

主に地域の医療・介護提供体制の再整備、地域医療連携ネットワーク構築、医療情報の利活用をテーマにコンサルティング・調査研究に従事。

医業経営コンサルタント、診療情報管理士、医療情報技師。

専門分野・サービス
専門領域
  • 医療情報分野の政策支援、事業化支援
  • 医療機関の経営改善
プロジェクト事例
  • 生涯保健情報統合基盤の構築と利活用に向けた研究事業支援
  • 地域医療連携ネットワーク構築支援
  • 在宅医療介護連携事業実施支援
もっと見る
  • 救急医療体制構築支援
  • PHR利活用研究事業支援

コンサルティングについてお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
Page Top