コンサルタント紹介(ライフ・バリュー・クリエーション)

矢野 勝彦

YANO,Katsuhiko

社会基盤事業本部 ライフ・バリュー・クリエイションユニット ユニット長/パートナー

東京大学法学部卒業。住友銀行(当時)に入行、厚生省(当時)出向や事業調査、融資企画、支店営業等を担当。その後、日本総合研究所でのコンサルティング業務等を経て、2014年より現職。

ライフケア産業(生活・介護、健康・医療、交通・住宅等)分野の事業化支援・政策支援、高齢化・人口減少時代の地域産業創出・地域活性化に取り組む。

民営化・地域経営、IT・ビッグデータ活用、ロボット化による持続可能な地域モデル創出に向け、政策(官)と事業(民)の双方からアプローチしている。

専門分野・サービス
PR活動実績 もっと見る

米澤 麻子

YONEZAWA, Asako

社会基盤事業本部 ライフ・バリュー・クリエイションユニット
ヘルスケアグループ/アソシエイトパートナー

大手保険会社においてヘルスケア領域の事業開発に携わる。NTTデータ経営研究所に入社後は、医療・保健・福祉分野のコンサルティング・調査に取り組む。 専門は、ヘルスケアビジネス、社会保障。「持続可能な社会づくり」に向けて政策と現場をつなぐことを目指し、健康医療・介護分野の政策全般に精通している。

健康医療分野では、健康寿命延伸事業創出、PHRや遠隔医療、IoT・AI×医療に関する調査・実証事業、医療情報プラットフォーム関連プロジェクトに携わる。また、健康経営や保健指導やレセプト分析、メンタルヘルスなどの企業・保険者の健康事業関連の調査・コンサルティングも多数実施。さらに、介護分野には介護保険制度創設当初から関わり、地域包括ケア、医療介護連携やケアマネジメントに係る調査研究、IoT・AI×介護に関する調査・実証事業プロジェクトも長年実施している。

健康経営アドバイザー、産業カウンセラー

専門分野・サービス
プロジェクト事例
  • 健康分野:健康寿命延伸産業創出、PHR、IoTを用いた糖尿病重症化予防事業
  • 医療分野:遠隔医療・オンライン診療・地域医療連携、AIホスピタル、医療機器
  • 介護分野:地域包括ケア、ケアマネジメント、介護福祉×AI,ICT、介護経営モデル
もっと見る
  • 全般:医療介護プラットフォーム、アジア社会保障分野調査 等
PR活動実績
  • 第20回日本福祉介護情報学会研究大会 シンポジウム「AI(人工知能)は日本の介護を変えるのか?」
  • 情報未来 特集:成熟社会における処方箋「人生100年時代のヘルスケア」

大野 孝司

OHNO, Koji

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/シニアマネージャー

サービス業における新規事業企画・開発、マーケティング、ヘルスケア事業のジョイントベンチャーの立ち上げなどを経て、現職。

健康・予防領域を中心としたヘルスケアサービスの事業開発支援や産官学による研究開発・事業開発支援を行うほか、市町村における地域包括ケアシステムや地域マネジメントの支援、人材育成なども実施。

専門分野・サービス
プロジェクト事例 もっと見る
PR活動実績
  • 宮城県「令和元年度 地域包括ケア推進セミナー (市町村担当部課長向け)」登壇
  • 厚生労働省 第141回市町村職員を対象とするセミナー「これからの地域づくり戦略と総合事業の推進策について」 パネルディスカッション登壇
  • 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「女性・高齢者等新規就業支援事業の推進に向けた都道府県担当課長会議」登壇
もっと見る

北野 浩之

KITANO, Hiroyuki

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/アソシエイトパートナー

医療機関向けコンサルティング会社、監査法人系コンサルティング会社を経て現職。

主に、医療から健康・予防領域における民間企業の事業戦略の立案、新規事業化支援、マーケティング、ビジネスモデルのフィジビリティスタディ、PoC支援、行動変容モデルや個別化など次世代アプローチ手法の創出支援、国や自治体の実証事業等を中心にプロジェクトを推進している。

また、Public Health3.0の実現に向けて、「健康×街づくり」をテーマに、都市のアクセシビリティ(バリアフリープロジェクト)の実現や地方自治体の地方創生等の活性化支援等に取り組んでいる。

専門領域
  • ヘルスケア分野における事業化支援
  • ヘルスケア分野への新規参入支援
  • 新規ビジネスのフィジビリティスタディ
  • 地方創生・街づくり支援
プロジェクト事例
  • 【民間企業】健康経営向けソリューションのフィジビリティスタディ
  • 【民間企業】ヘルスケア分野における新規事業化支援
  • 【AMED】地域の実情を踏まえた保健指導モデリングAIエンジンの開発支援
もっと見る
  • 【民間企業】特定健診受診のための勧奨手法の検討
  • 【札幌市】現役世代の生活習慣改善に向けた調査・検討業務
PR活動実績
  • 2019/8/28 日経産業新聞 戦略フォーサイス「ナッジ特集 ヘルスケアの課題にナッジをどう活かすか①」
    2019/8/29 日経産業新聞 戦略フォーサイス「ナッジ特集 ヘルスケアの課題にナッジをどう活かすか②」連載記事
  • 2018/8/1 情報未来 「AIに期待される地域の健康課題の解消に向けた取組みの実現性」
  • 5/22 日本産業衛生学会 『IT(AI)を使用した保健指導「保健施策立案のためのAIエンジンの開発について」』
もっと見る
  • 17/9/26 NHK、NST Niigata Smile TV、等
    「AIを活用した保健指導政策立案支援システムに係る研究開発」
  • 7/26 日経、他新聞各紙「IoTで農家支援のシステム開発」※梨の黒こし病対策(防除)を支援するAIエンジンの開発と農家支援アプリの開発を総務省実証で採択され記者会見を実施し、取材を受けたため

朝長 大

TOMONAGA, Dai

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/アソシエイトパートナー

医業経営コンサルティング会社、医療機関を経て現職。

主に地域の医療・介護提供体制の再整備、地域医療連携ネットワーク構築、医療情報の利活用をテーマにコンサルティング・調査研究に従事。

医業経営コンサルタント、診療情報管理士、医療情報技師。

専門分野・サービス
専門領域
  • 医療情報分野の政策支援、事業化支援
  • 医療機関の経営改善
プロジェクト事例
  • 生涯保健情報統合基盤の構築と利活用に向けた研究事業支援
  • 地域医療連携ネットワーク構築支援
  • 在宅医療介護連携事業実施支援
もっと見る
  • 救急医療体制構築支援
  • PHR利活用研究事業支援

吉田 尚之

YOSHIDA, Takayuki

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/シニアスペシャリスト

日本電信電話株式会社入社、NTTデータにてシステムエンジニアとして公共関連システムの開発に従事後、政府、地方公共団体のシステム化構想策定およびコンピュータシステム導入に関するコンサルティング、新規ビジネスの企画・開発、東南アジアへのシステム関連インフラ輸出プロジェクト、グループ事業推進、事業戦略担当等を経て、2015年NTTグループの2020オリンピックパラリンピック及び地方創生に資する新規ビジネス創出プロジェクトに参画。官民連携による社会基盤の構想策定、新規ビジネス企画開発、企業グループ連携推進のノウハウを保有。

(略歴)
1988年 日本電信電話 入社 データ通信事業本部 公共システム事業部
2006年 NTTデータ 第一公共システム事業本部 部長
2010年 リージョナルビジネス事業本部 統括部長
2015年 グループ経営企画本部(現事業戦略室) 部長
2018年  NTTデータ経営研究所 シニアスペシャリスト

専門分野・サービス
専門領域
  • 地図情報
  • 電子政府・電子自治体
  • 税務・公金収納
  • IOT
  • 地方創生

石上 渉

ISHIGAMI, Wataru

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/シニアマネージャー

日系経営コンサルティング会社にて企業の新規事業化支援、事業化コンソーシアム運営等、数多くのプロジェクトに従事した後、2009年1月より現職。 地域活性化分野におけるプロジェクトリーダーのひとり。

主に産業と福祉の融合による新産業創出領域と知的財産権を活用した企業支援領域を担当。

未来を担う子どもたちと地域を守り育てた高齢者を繋ぐ世代のコンサルタントとして2020年以降の日本を展望し、地域社会に住む人の豊かさが向上するためのコンサルティングに取り組んでいる。

専門領域
  • 地域活性化、地方創生
  • 地域産業活性化
  • 中小企業支援
  • 知的財産活用
  • 福祉領域のスマート化
プロジェクト事例
  • オリパラ基本推進調査(ホストタウン)
  • 平成29年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査
    (ユニバーサルデザイン2020行動計画推進調査)
  • リサーチコンプレックスFSにおけるソーシャルイノベーション拠点化調査業務
もっと見る
  • 平成31年度かわさき基準推進事業実施委託業務
  • 平成31年度ウェルフェアイノベーション推進実施業務
PR活動実績 もっと見る
  • 一億総活躍を促進させるシェアリングエコノミー~地方自治体に期待されるシェアリング・シティ構想~ (『情報未来』No.51 2016年7月)

岸本 純子

KISHIMOTO, Junko

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイション/マネージャー

国立系研究機関、大手ITベンダーを経て2012年より現職。ヘルスケアICTのグローバル展開、病院情報システム、地域医療連携システム、遠隔医療、防災情報システム、多言語音声翻訳等に関するコンサルティングやマーケット調査を実施。ヘルスケアICTの海外動向についても精通している。現在はヘルスケア×AIとIoTをテーマに活動中。専門は画像工学。博士(工学)。

専門分野・サービス
専門領域
  • ヘルスケア
  • 先端テクノロジー
プロジェクト事例
  • オンライン診療の普及促進に向けたモデル構築にかかる調査研究
  • ベトナムにおける遠隔診断支援モデルの展開に向けた調査研究
  • 諸外国における医療等分野のICT利活用の状況等に係る調査研究
  • もっと見る
    • 5Gにおける技術・市場動向調査及びユースケース検討
    • ASEAN諸国への遠隔医療の展開の可能性調査
    • 医療等分野のネットワーク接続の機関認証に関する調査研究業務支援
    • 諸外国における人工知能の活用状況調査
    • 8K技術を活用した遠隔医療モデルに関する実証
    • 通信インフラ環境に応じたICT健康・医療分野の国際展開に係る調査研究
    • インドネシア国内における電子カルテ市場調査
    • 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン改定作業支援
    • 諸外国におけるPHRの現状及び課題に関する調査研究
    • 日越友好病院整備事業支援(ICT担当)
    • ASEAN地域の民間保険市場に関する調査
    • スマートプラチナ社会実現のための国際連携に関する調査研究
PR活動実績

小林 洋子

KOBAYASHI, Yoko

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/マネージャー

米マサチューセッツ工科大学修士(都市計画)。国際機関、外資系会計事務所を経て2006年6月より現職。一人ひとりが自分らしく生きられる持続可能な社会や地域づくりに向けて、健康、医療、教育等の分野のコンサルティングや調査、実証事業支援、事業企画支援に携わる。行動科学理論、データサイエンスを社会課題に活かす行動デザインコンサルティングを立ち上げ中。プライベートでは一男一女の子育てをする中で共働き時代に仕事と子育てを両立するには地域コミュニティーが重要と実感。子育て中の親子と地域をつなぐイベントを通じたコミュニティー運営や子どものための街中の空間づくりに取り組んでいる。国分寺市ボランティアセンター運営委員、国分寺市まちづくりデザイン会議委員。

著書に、『未来を拓くマイナンバー 制度を使いこなす事業アイディア』(中央経済社、共著)、『どうなる? どうする! 共通番号』(日本経済新聞出版社、共著)。

専門分野・サービス
専門領域
  • 行動科学の社会課題、行政施策活用(ナッジ等)
  • データサイエンス(人間の深層心理を把握するデータベース:人間情報データベースの行政施策活用)
プロジェクト事例
  • 【国土交通省】コンパクトシティ形成に向けたナッジ型アプローチに関する検討業務
  • 【札幌市】現役世代の生活習慣改善に向けた調査・検討業務
  • 【民間企業】人間の行動選択に関する研究調査
もっと見る
  • 【民間企業】患者特性に応じた双方向コミュニケーションシステム開発支援
PR活動実績
  • 日経産業新聞 戦略フォーサイト連載 人を動かすナッジ理論(全体監修、第1回、第10回、第13回、第15回)
  • 国際会議 Applying Neuroscience to Business/脳科学の事業応用に登壇 発表内容”Applying behavioral insights and nudge techniques into social issues”
  • どうすれば男性の育児休業取得者が増えるのか?~男性の家事・育児に関する価値観調査
もっと見る
  • どうすれば人は動くのか~公共ペルソナ・マーケティングによる政策アプローチの可能性
    (風評被害対策を事例として)
  • 子育て女性の活躍と地方創生のカギは「潜在層」への働きかけと自治体の関わり

新見 友紀子

NIIMI, Yukiko

社会基盤事業本部
ライフ・バリュークリエイションユニット/マネージャー

シンクシンクタンクを経て現職。

農林水産業の最新技術動向調査、スマート農業実証事業、スマート水産業ビジネス化支援、食と健康のデータ活用、多自然地域の持続可能モデルに関する調査研究(人口モデル調査)、地域の総合戦略策定など業績多数。農山漁村地域の課題を生産者目線の技術、ICT、あたらしい仕組み等で解決し、活力と安心、幸せに満ちた地域づくりの支援をしていきたいと考えている。

専門領域
  • 農業、水産業のスマート化・成長産業化
  • 食と健康のデータ活用
  • SDGs
  • 地域産業活性化
  • 運動、健康づくり
プロジェクト事例 もっと見る
  • 水産ICTサービスの検討
  • スポーツ庁「地域の指導者を主体としたスポーツエコシステム構築推進事業」
  • 平成30年度沖縄におけるスポーツサイエンスの拠点化に向けた基礎調査事業
PR活動実績 もっと見る

西尾 文孝

NISHIO, Fumitaka

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/マネージャー

「世の中を良くしたい」という思いのもと、社会人になってから一貫して官公庁や自治体を顧客としたシンクタンク業務に従事。建設系コンサルティング会社を経て、銀行系シンクタンクに20年近く勤めた後、「もっと世の中を良くしたい」との思いから令和元年にNTTデータ経営研究所に入社。ヘルスケア領域における官公庁・自治体向けの調査研究業務に強みを持ち、特に薬局・薬剤師・薬事分野に豊富な業務経験を持つ。これまで年金数理、まちづくり、震災復興支援、リスク管理(メガバンクの持株会社において傘下各社のリスク管理を統括する部署に勤務)など幅広い領域についてゼロから学び取り組んできた経験を活かし、今後も新たな領域への挑戦を続ける。

専門分野・サービス
専門領域
  • ヘルスケア領域
  • 薬局・薬剤師・薬事領域
  • 介護領域
  • 官公庁・自治体向け調査研究
プロジェクト事例
  • 診療報酬改定の検証調査
  • かかりつけ薬剤師・薬局の機能に関する調査検討業務
  • 自治体における介護保険事業計画の策定支援業務
もっと見る
  • ジェネリック医薬品の使用促進のための調査研究
  • 介護分野における薬剤師の関わり方に関する調査研究

桜花 和也

SAKURABANA, Kazuya

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイション/マネージャー

医療専門コンサルティング会社を経て現職。前職では、再整備基本構想・基本計画策定支援、情報システム導入支援、開院準備支援・運営システム構築、医療機関の経営改善支援(地域連携・収益改善・費用削減)、医療分野における調査・分析、等の医療分野における多数のコンサルティング業務を経験。

現職では、次世代医療基盤法関連のプロジェクトやデータヘルス改革関連等の中央省庁の調査事業・実証事業を始めとして、医療・介護分野における新技術の実証・研究開発支援等に従事しており、医療政策や新技術の事業等についての幅広い知見を有している。

また、ヘルスケアサービスを取り扱う民間企業に対するヘルスケアサービスの事業化・事業計画策定、ヘルスケアサービスの事業推進支援にも多数携わっており、行政・アカデミア・民間それぞれの医療・介護・ヘルスケア分野における豊富なノウハウを有している。

専門分野・サービス
専門領域
プロジェクト事例
  • 生涯保健情報統合基盤の構築と利活用に向けた研究事業支援
  • 【民間企業】遠隔医療実証・事業化支援
  • 保健医療情報を全国の医療機関で確認できる仕組みに係わる調査
  • 情報信託機能活用促進事業実施支援業務
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護の普及促進に関する調査研究
PR活動実績 もっと見る

加藤 篤博

KATOH, Atsuhiro

社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット/マネージャー

医療機関向けコンサルティング会社を経て現職。医療費適正化、データヘルス、その他健康づくり施策の立案・推進に係る調査・研究事業に従事している。薬剤師。

専門分野・サービス
専門領域
  • 医療費適正化施策の立案・推進
  • データヘルス関連施策の立案・推進
  • 健康づくり施策の立案・推進
  • 医療機関の機能再編・経営改善
  • 地域包括ケア関連施策の立案・推進

コンサルティングについてお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
Page Top