コンサルタント紹介(ニューロイノベーション)

加藤 賢哉

KATOH, Kenya

執行役員/パートナー
企業戦略事業本部
本部長 兼 企業戦略事業本部 ビジネスストラテジーコンサルティングユニット ユニット長
情報未来イノベーション本部 本部長 兼 ニューロイノベーションユニット ユニット長/先端技術戦略ユニット ユニット長/デジタルコグニティブサイエンスセンター センター長

大手システムインテグレータを経て、1994年NTTデータ経営研究所入社。主に生産財、サービス財の事業戦略、製品市場戦略、顧客戦略の立案などマーケティング・マネジメント分野のコンサルティングに携わる。

ECビジネス事業化や流通業における次世代ソリューションの戦略策定、ワイヤレスソリューションを用いた新規事業開発などに取り組む。また、グループ経営改革や管理会計などの経営管理分野でも実績をもつ。

専門分野・サービス
PR活動実績
  • 変革期を迎えたeコマース進展の軌跡と今後の展望~躍進するアマゾンの驚異と脅威~(『情報未来』No.56 2017年11月)
  • 消費財流通ビジネスにおける次代の競争原理(『情報未来』No.43 2014年6月)

茨木 拓也

IBARAKI, Takuya

情報未来イノベーション本部
ニューロイノベーションユニット/ アソシエイトパートナー

早稲田大学文学部心理学科卒。東京大学大学院 医学系研究科 医科学修士課程(脳神経医学専攻)修了(MMedSc)。同・医学博士課程中退後、2014年4月にNTTデータ経営研究所に入社。

総務省「次世代人工知能社会実装WG」構成員(2017年、第六回)。早稲田大学商学部招聘講師(2018年)。国際会議「脳科学の事業応用」第一回実行委員長(2019年9月)。

神経科学を基軸とした新規事業の創生や研究開発の支援に多数従事。分野は製造業を中心に、医療、ヘルスケア、広告、web、人事、金融と多岐に渡る。

専門分野・サービス
専門領域
  • 脳科学・ニューロテクノロジーに関わる事業開発・研究開発支援
  • 広告活動・製品開発に関わる神経科学技術の適用
  • 神経科学観点の経営・人事関連の調査・コンサルティング
  • 神経科学分野の産学連携体制の構築
  • データサイエンス/人工知能領域
プロジェクト事例 もっと見る
PR活動実績 もっと見る

山崎 和行

YAMAZAKI, Kazuyuki

情報未来イノベーション本部
ニューロイノベーションユニット/シニアマネージャー

東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻修了。国内ITコンサルティングファームにて食品製造業の基幹業務システム刷新コンサルティングに従事した後、2014年11月よりNTTデータ経営研究所に参画。主に、脳科学・認知科学・心理学と人工知能(AI)・IoTの融合技術を活用した新規事業開発・研究開発支援、産学連携マネジメント、先端技術(AI、エージェント等)を活用した新規事業開発・業務改革支援等の実績を有する。近年は、脳科学・認知科学・心理学とAI・IoTの融合技術であるヒューマンセンシング/モデリング技術を活用し、実環境下・リアルタイムでの消費者評価及びサービス開発コンサルティングに注力している。コンサルティング対象領域は教育、サービス、製造、住宅・都市開発、エネルギー・インフラ事業等多岐にわたる。

専門分野・サービス
専門領域
  • ニューロテクノロジーを用いた新規事業創出・研究開発戦略支援
  • イノベーション創出のための産学連携マネジメント・実行支援
プロジェクト事例
  • 文部科学省 革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)精神的価値が成長する感性イノベーション拠点(生理学研究所サテライト拠点)における産学連携・社会実装支援
  • 脳科学・認知科学・心理学とAI・IoTの融合技術の先端技術調査及び新規研究テーマ立案支援
  • 応用脳科学コンソーシアム(IoT-ニューロアーキテクチャー研究会、共感コミュニケーション研究会、AI社会実装研究会他)
もっと見る
  • 横浜市水道局 水道業務におけるAI活用調査業務
  • 特許庁 人工知能技術等を活用した不明確な商品・役務チェック業務の高度化・効率化実証的研究事業
PR活動実績 もっと見る
  • 2018/10/24 技術情報協会 セミナー「潜在ニーズの見える化、新製品開発への応用」にて「ニューロマーケティングによる真のニーズの探索」という演題で講演

山﨑 崇裕

YAMAZAKI, Takahiro

情報未来イノベーション本部
ニューロイノベーションユニット/マネジャー

東京大学大学院(理学博士)・助教を経て2016年度より現職。主に製造業の分野で、マーケティング調査・商品開発・事業開発支援に従事。特に食品・日雑品などフレグランスとフレーバーの両方の香りに関するコンサルティングを専門とする。その他にも、がん免疫療法、医療機器、ゲノム解析研究・医学研究における倫理、認知症対策含む脳の健康、COVID-19など、ヘルスケア・ライフサイエンス分野での幅広い調査・事業化支援の経験を持つ。

専門分野・サービス
専門領域
  • 香り
  • 商品評価系の開発(研究開発)
  • 事業化支援
  • 脳科学
プロジェクト事例
PR活動実績 もっと見る
  • アロマリサーチ特集 フレグランスジャーナル社(2018年11月28日発行)「研究機関における香り・におい研究のいま Ⅲ」 寄稿

コンサルティングについてお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
Page Top