日本初となるスマートシティの国際認証ISO37106取得(BSI認証)
~多様な価値観を認め合う社会の実現に向けサステナブルでWell-beingな街づくりを推進~

NTTアーバンソリューションズ株式会社
日本電信電話株式会社
株式会社NTTデータ経営研究所

NTTアーバンソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中川 裕、以下、NTTアーバンソリューションズ)は、名古屋市東区東桜一丁目エリアにおいて、アーバンネット名古屋ネクスタビル、アーバンネット名古屋ビル、商業施設Blossa(以下、東桜街区)を一帯とした、NTTグループのデジタル基盤「街づくりDTC®」を活用したひと中心のオープンで協調的な街づくりを進めてまいりましたが、このたび本街区において、2022年1月に、日本初認証となるスマートシティ運用モデルに関する国際規格である「ISO37106」を取得しましたので、お知らせします。

なお、本件は日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 澤田 純、以下「NTT」)が推進するSustainable Smart City Partner Program※1(以下、SSPP)の取り組みの一環であり、株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳 圭一郎、以下 NTTデータ経営研究所)がひと中心の持続可能な地域づくりの観点から認証取得の包括的なサポートを行いました。

※1 SSPPの概要 https://digital-is-green.jp/

1.ISO37106取得の概要・背景

スマートシティに関するISO規格は、スマートシティとして広く認知されている世界の都市において取得が進んでいます。その1つである「ISO37106認証」は、スマートシティの戦略策定および管理運用のプロセスを評価する国際規格です。スマートシティ及びコミュニティのリーダーが、持続可能な未来へのビジョン達成に向けて、ひと中心型、オープンで協調的、デジタル技術を活用した都市運営モデルを開発・運営するため、ガバナンス、プライバシー管理、便益実現フレームワークなどのベストプラクティスを提示しており、それらへの対応度合いを評価します。

NTTアーバンソリューションズは、その街ならでは、その街で過ごす人を中心とした街づくりをめざしており、今回、次世代型先進オフィスビルの第一号物件であるアーバンネット名古屋ネクスタビルのある、東桜街区にてひと中心、デジタル活用、オープンで協調的な街づくりであることが評価され、ISO37106を取得いたしました。これまでNTTアーバンソリューションズで培ってきたひと中心の開発、運用によるノウハウに加えNTTグループの強みであるデジタルの活用により、利用者や周辺住民の方のニーズをより早くより多く収集できる運用モデルの構築を達成しました。今回の取り組みをきっかけに、Society5.0の先行モデル街区として、利用者にとって常に良いサービスが提供される“進化し続ける街づくり”に取り組んでまいります。

【参考】ISO37106に対応した評価ポイント

(1)ひと中心:多様な空間の選択と快適に過ごすことを支える個々のICT技術とワンストップのユーザーインターフェースである「まちアプリ」により、ウェルビーイング・ストレスフリーな働き方・過ごし方を実現

(2)データドリブン:ビル内のデータを収集するデータプラットフォームの導入により、街区全体で分野横断のデータ利活用による街づくりの全体最適化に取り組んだデータドリブンな街づくりを実現。

(3)コラボレーション:異なる業種業態のユーザーとの交流を促す低層階のラウンジと「デジタルコミュニティマネージャー」によるオープンイノベーションを促進。

さらに、街区内においてテナント・ワーカーからのフィードバックを受けることで、運営・サービスをより快適な働き方・過ごし方につなげるPDCAを回すとともに、他地区におけるプロジェクトへの展開とフィードバックにより相互にアップデートできる仕組みを構築したことが評価されました。

2.東桜街区(アーバンネット名古屋ネクスタビル、アーバンネット名古屋ビル、商業施設Blossa)の概要

名古屋市東区東桜一丁目エリアにあるアーバンネット名古屋ビル、商業施設 Blossaに加え、2022年1月31日に竣工したアーバンネット名古屋ネクスタビル※2の同一街区にある3ビルは、名古屋のシンボルである中部電力 MIRAI TOWER を構え、新たな交流空間として生まれ変わった久屋大通公園に隣接する街区として、賑わいと魅力を相乗的に創出する街づくりを行いながら、栄地域の活性化および SDGsの達成や脱炭素化等に貢献してまいります。

新たに竣工したアーバンネット名古屋ネクスタビルは次世代先進オフィスビルの第一号物件として位置づけており、未来のワークスタイルや暮らしの実現に向けた実証に取り組んでいます。本ビルでは多数のセンサーや自社開発アプリ「tocoto」などのICTサービスを導入することで利用者のデータを蓄積、分析します。この取り組みは、東桜街区の既存ビルだけでなくNTTアーバンソリューションズグループが取り組む他地区のプロジェクトへの横展開をするとともに、他地区からのフィードバックを得ることで相互に連携します。ビルを利用するワーカーや商業施設への来街者に向けた提供するサービスをアップデートすると同時に、ビル運用者に対するサービスもアップデートすることで、ビル管理の高度化、効率化にも取り組んでまいります。

上記の取り組みは、NTTグループが一体で取り組む「街づくり DTC®」※3が支えています。さらにこれらの複数の価値・サービスを連鎖させることで、新たな価値を創出していきます。

※2 2022年2月1日NTTアーバンソリューションズ、NTT都市開発ニュースリリース
「次世代型先進オフィス「アーバンネット名古屋ネクスタビル」竣工」https://www.nttud.co.jp/news/detail/id/n26355.html
※3 2021年2月2日NTT、NTTアーバンソリューションズ
「未来の街づくり」を実現するNTTグループのデジタル基盤「街づくりDTC™」の技術開発、実証実験の開始について https://www.ntt-us.com/news/2021/02/news-210202-01.html

3.今後の展開

NTTグループは、多様な価値観を認め合う社会を実現していくことが、持続可能な社会に繋がると考えています。街づくりにおいても、最先端のICT技術とともに、国際標準規格なども活用し、社会的課題の解決/Soiety5.0の実現に向けて、サステナブルでWell-beingな街づくりに貢献します。

今回のISO37106認証取得を契機として、東桜街区において得られた知見・ノウハウを全国の街づくりに活用してまいります。具体的には、今回、認証取得のサポートを担ったNTTデータ経営研究所が、今後、世界標準に基づくサステナブルでWell-beingなスマートシティづくりをめざす全国の自治体様や企業様に対して、ISO37106を活用した、ひと中心の街づくりのコンサルティングサポートを実施してまいります。

NTTグループはSSPPを通じて、地域・住民(生活者、自治体、企業、NPO、教育機関等)により運営される街づくりをサポートし、実事例の創出と周辺エリアとの連携・他エリアへの展開により "地域・住民の幸せ(Well-Being)の最大化"の実現に向けた持続的な取り組みを進めてまいります。

【参考】ISO37106の概要

ISO37106は、持続可能な都市およびコミュニティのためのスマートシティ運営モデルに関する国際規格です。スマートシティ化を進める際のベストプラクティスを提示しており、都市やコミュニティの管理運営体制を構築する際のプロセスについて、ベストプラクティスへの対応度合いを評価する規格となっています。

プロセスを評価するため、規格において求められる項目は、提供原則、主要な都市横断提供プロセス、便益実現、主要なリスクの4つの大項目および17の小項目により要求項目が構成されています。

この規格の要求項目に対応するためには、明確なビジョンを提示した上で、デジタル技術を活用し、街づくりのステークホルダー間の合意形成の促進、縦割り構造を超えた横連携の組織づくり、人間中心型のサービス提供を進めていくことが必要であり、得られたデータを活用してサービスのPDCAサイクルを回し、持続的にまちを発展していく運営体制等を構築していることが求められます。

■ 本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

NTTアーバンソリューションズ株式会社
広報室
E-mail :

日本電信電話株式会社
広報室
E-mail :

株式会社NTTデータ経営研究所
コーポレート統括本部 業務基盤部 広報室
Tel:03-5213-4016
E-mail :

Page Top