山口市の中心市街地が脱炭素先行地域に選定

「ゼロカーボン中心市街地」
~商店街・住民・企業・市の共創による市街地脱炭素化の実現~

株式会社NTTデータ経営研究所(以下、当社)は、環境省が募集する「第2回脱炭素先行地域」への山口市の共同提案者として検討を行い、この度、山口市の中心市街地を中心とする提案が脱炭素先行地域に選定されました。

当社は、地球温暖化対応など喫緊の課題に対し、地方自治体や地域企業のゼロカーボンの実現に向けた計画作りや実行支援を行っています。スマートで持続可能なまちづくりや、地域企業を中心とする日本版シュタットベルケ、コンソーシアムによる新ビジネス創出等の活動を通じて、地域課題を踏まえた地方自治体や地域企業の取り組みを推進します。

「脱炭素先行地域とは」

脱炭素先行地域とは、2050年カーボンニュートラルにむけて、民生部門の電力消費に伴うCO2排出の実質ゼロを実現し、運輸部門や熱利用なども含めてその他の温室効果ガス排出削減についても、我が国全体の2030年度目標と整合する削減を地域特性に応じて実現する地域です。

本事業に関しては、環境省HP( https://www.env.go.jp/press/press_00776.html)も合わせてご参照ください。

本事業に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ経営研究所

社会・環境戦略コンサルティングユニット
担当:桑畑(くわはた)、吉川(よしかわ)
TEL:03-5213-4150

Page Top