NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ

戻る サイト内検索
戻る

2004年6月28日

CSR教育用コンテンツ提供サービスの実施について(損害保険ジャパン向け)

 

株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 : 若山 彰)と株式会社損害保険ジャパン(本社:東京都新宿区、取締役社長 平野浩志)は協力して、社内教育用のCSR教育コンテンツ「CSR(企業の社会的責任)基礎講座」を開発しました。

最近、日本においても「企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)」が大きな関心を集めています。「企業の社会的責任(以下、CSR)」とは、雇用、コンプライアンス、安全衛生、人権、環境など、企業が社会の一員として社会的に果たすべき責任を示します。日々の企業活動において、収益を上げることだけではなく、どれだけ社会的責任を果たしているかで企業の価値を評価しようという世界的な潮流の中で、CSRが企業に求められており、日本においても経団連が企業にCSRの推進を促しています。

企業活動がグローバル化する中、欧米においては、CSRの考え方が普及し出しており、日本においても、先進的な企業はいち早くCSRへの対応を強化しています。このような企業においては、環境問題への意識を全社的に高める「環境教育」と同様に、CSRへの意識を全社的に高める「CSR教育」に着手しています。

そこで、NTTデータ経営研究所では、環境経営コンサルティングや環境情報コンテンツをはじめ、社会問題、コミュニケーション等にかかわるコンサルティング・ノウハウとe-ラーニング教材制作ノウハウを活用して、日本においてCSR対応にいち早く取り組みをはじめ、CSRについての豊富なノウハウを有する損保ジャパンCSR・環境推進室と協力して、組織に必要なCSR教育プログラムを開発しました。

NTTデータ経営研究所では、CSR教育プログラムだけでなく、CSR教育を導入しようとする組織における従業員の「CSR課題診断」をインターネットで実施し、その診断結果に応じたCSR教育プログラムの「最適化支援」、さらにCSR教育実施から一定期間経過後の「CSR浸透度診断」などのサービスも合わせて、今後、企業、教育機関、e-ラーニングサービス事業者等に提供する予定です。

以上



お問い合わせ先
   
株式会社NTTデータ経営研究所
〒150-0011 東京都渋谷区東1-32-12 渋谷プロパティー東急ビル
i-community戦略センター 貞宗/萩原
 
TEL:03-5467-6351
FAX:03-5467-3640