コロナ危機を越えて新しい社会へ

柳 圭一郎

新型コロナウイルス感染症の拡大という状況を踏まえ、NTTデータ経営研究所では、この新しい社会課題に向けた議論を行っていくために2020年3月から「ウィズコロナ・プロジェクト」を立ち上げています。
当プロジェクトでは、「テレワーク」「デジタル技術活用」「BCP(事業継続計画)」「医療体制」「行動変容」「産業構造変革」といったテーマごとに、当該領域を専門とするコンサルタントを組織化し、これまで培ってきたナレッジを活用しつつ、調査や議論を行っています。
今般、本プロジェクトの成果のひとつとして、コロナ禍に立ち向かうための新しいデジタル社会像に関する提言として、コロナ禍に立ち向かうためのデジタル社会提言 「オンライン・ファースト社会」という新しい日常 ~ オンラインとリアルが融合する社会へ ~を取りまとめました。今後は、当社内に設置している、外部有識者をメンバーとする「情報未来研究会」等の場において、今回の提言をより深め、実現に向けた具体的な方向性について議論を行っていく予定です。また、各テーマに関する検討結果もまとまり次第随時こちらのサイトで公開していきます。
当社は、『IT-BRAINS for Info-Future(新しい社会の姿を構想し、ともに「情報未来」を築く)』というコンセプトを掲げるコンサルティングファームとして、これからも社会に対して有益な情報を発信してまいります。

2020年7月
NTTデータ経営研究所
代表取締役社長
柳 圭一郎のサイン

提言

新型コロナウイルスに関連し、NTTデータ経営研究所としての提言・メッセージをご紹介します。

テレワーク

コロナ禍によってテレワークがどのように活用されたか、また課題は何だったのかについて、大規模オンライン調査を元に浮かび上がる課題と解決の糸口をご紹介します。

デジタル活用

コロナ禍による国内生活者の意識・行動変化を考慮し、デジタル技術を活用していかなる時も価値を提供するためのヒントを提供いたします。

~Coming Soon~

BCP

今回のコロナウイルス感染症拡大を契機に、企業や行政機関などにおいて定義されていたBCPが現実的にどの程度有効に機能したのか、また課題は何だったのかをここで明らかにしていきます。

医療

今般のコロナ禍によって明らかになった課題を再整理し、医療体制におけるレジリエンスを強化するための提言を行っていきます。

行動変容

今般の災害の効果的な対策は、社会全体としての打ち手だけでなく、個々人の行動変容が大きな意味を持つことがわかっています。ここでは、行動変容に軸足をおいて情報の収集・分析を行うとともに、感染拡大を抑制するための個人行動の変容促進に向けたヒントを提供します。

産業構造

新型コロナウイルスのパンデミック発生により、日本企業が直面し、対応を迫られるであろう産業構造の変化とその対応策についてご紹介します。

交通

観光

イベント

金融

Page Top