ITグランドデザイン

サービス概要

2025年までに日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進まなければ、12兆円にも及ぶ経済損失が生じる。これは、経済産業省が発表した「DXレポート」の内容であり、「2025年の崖問題」として日本企業に警鐘を鳴らしています。

目前に迫るEOS(販売やサポート等の終了)への対処だけでなく、保守コストの高止まりや保守要員不足への対処として、レガシーシステムからの脱却を図るとともに、DXの実現に向けた機動的なシステム基盤づくりを迫られているものと認識しております。
当社は、レガシーシステムのオープン化、重複しているシステムの統合化、更なる業務効率の向上や収益拡大に向けた機能高度化等を目的とした、次世代システムの構想作りとRFP作成に足る具体的な要件整理をご支援致します。

当社の強みは、案件に応じた最適な有識者による体制の組成、実案件の実績を踏まえた確実な内容のご提案、お客様をしっかり巻込んだ検討アプローチであり、体制・内容・進め方ともにお客様からご評価頂いております。

得られる効果

  • 経営要請、現場課題、業界動向等を踏まえたハイレベルでの方向性検討と可視化
  • 目指す姿としての新業務、新システムの具体的な検討と可視化
  • 確実に稼働に至るまでの導入計画の具体的な検討と可視化
  • ベンダを巻き込みながらの精緻な見積もりのご支援

コンサルティングアプローチ

実績紹介

  • 大手不動産企業のレガシーシステム脱却・システム統合・機能高度化におけるシステムグランドデザイン策定/FY19~
  • 大手保険企業の基幹システム高度化における要件定義・システム化方針・開発計画策定/FY17
  • 大手輸送企業の次世代システム構築におけるシステムグランドデザイン策定/FY15~16
Page Top