~持続可能な社会福祉サービスの提供に向けた支援~
介護・福祉DX

サービス概要

2040年には、いわゆる団塊ジュニア世代が後期高齢者となり、介護が必要な人が急増する一方で介護・福祉の担い手が不足すると予想されます。必要なケアを実現していくための新たな仕組みづくりが不可欠です。
そこで近年、注目を集めているのがDX(デジタルトランスフォーメーション)です。私たちは、デジタルを活用して業務の効率化を図ることで、職員の負担を軽減し、持続可能なサービス提供の現場をつくること、ひいては、エンドユーザーが経験するサービスの質の向上を図ることがDXであると考えています。
DXに対する期待は介護分野にとどまりません。利用者の利便性向上、支援現場の効率化、サービスの質の向上、行政事務の簡素化につながることから、児童・障害などの社会福祉分野においても注目されています。
弊社は、10年以上にわたり、介護を中心とした社会福祉分野のデジタル化に関し、各省庁を支援して参りました。医療・健康などの隣接領域も含めた包括的なコンサルティングサービスを提供するとともに、誰も取り残さないインクルーシブなDXを目指します。

  1. 介護・福祉DXに関する調査研究例:先進事例調査、全国市町村や事業所に対する実態調査(アンケート、ヒアリング等)、 
    民間サービスの実態調査、国内外先進事例調査
  2. 介護・福祉DX等の基本構想策定、諸課題の検討例:業務内容の整理・見直し、情報基盤や標準化のあり方検討
  3. 介護・福祉DXを中心とした社会実装に向けた支援例:介護福祉事業所、自治体等への導入にあたり自治体等における基礎調査、
    実証事業・効果検証支援

背景(課題認識など)

人口減少に伴う労働力不足から、近年では、ICTの導入といった単なるデジタル化(デジタライゼーション)にとどまらない、業務の全体像やエンドユーザーへのサービス提供までを見据えたDXが急速に求められるようになってきています。
私たちは、DXの本質とは、デジタルを活用して業務の効率化を図ることで、職員の負担を軽減し、持続可能なサービス提供の現場をつくること、ひいては、エンドユーザーが経験するサービスの質の向上を図ることであると考えています。官公庁をはじめとした豊富な実績を基に、社会福祉分野のDXの推進を支援いたします。

提供価値・サービスの特徴

アプローチ・推進プロセス・アウトプット

基礎調査・研究から社会実装まで一貫した支援が可能

こんなお客様におすすめ

  • 介護・福祉分野でICT活用・DXに取り組みたい自治体、保険者のご担当様
  • 自社の技術を活かして国や自治体と介護・福祉分野のICT利活用・DXに取り組みたい企業様
  • 介護・福祉分野の業務においてICT活用・DXに取り組みたい企業様

事例

Page Top