M&Aアドバイザリー

サービス概要

M&Aの実行(エグゼキューション)段階における「落とし穴」として、事業性の過大評価/リスクの過小評価、デューデリジェンスの検出項目の最終契約またはPMIにおけるバックアッププランの欠如及びPMI初動の遅れなどがあります。これは、事業の強み、リスク及びPMIの青写真について仮説を持たずに、「M&Aの成立ありき」で案件を進めていることも一因です。本サービスでは、「PMIの成功」にフォーカスし、検討開始からクロージングまでの間、プロセスのマネジメント、企業価値評価、デューデリジェンスで検出された事項の総合評価、契約交渉支援、意思決定のロジック構築に関わる助言、PMIを見据えたガバナンス・組織体制に対する助言及びクロージング実務等の支援を行います。

得られる効果

  • 実行(エグゼキューション)からPMIプロセスへの円滑な連携と進捗
  • デューデリジェンスでの検出事項に対して、各専門家による意見とビジネス上の要請を連携させ、全体最適的なリスク対応策の助言
  • 投資家、顧客などステークホルダーの視点から見た、M&Aの目的、効果を含む意思決定の合理性に対する客観的意見の提供
  • PMI経験者がディールアドバイザーとなることにより、シナジー領域の特定、ガバナンス・組織体制の構築、オペレーション上のリスクへの早期対処など、PMIの早期初動が可能

コンサルティングアプローチ

実績紹介

  • 欧州研究開発ベンチャーの買収(電子部品メーカー)
  • 国内専門化学メーカーの買収(化学メーカー)
  • グローバル化学メーカーの事業部門買収(化学メーカー)
  • 国内スーパーマーケット及び食品専門店の買収(大手小売業)
  • 国内人材派遣会社の買収(大手物流業)
  • 国内ホテル及び商業施設の買収(海外投資ファンド)
  • 国内食品専門店の買収(大手食品メーカー)
  • 欧州及び米国自動車サプライヤーの買収(大手サプライヤー)
Page Top