NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ

戻る サイト内検索
戻る
※本ニュースリリースは株式会社NTTデータ経営研究所と静岡市が共同で配信しています。重複して配信されることがありますが、ご了承願います。

2018年7月20日

「SDGs×静岡市×メディア プロジェクト」発足

株式会社NTTデータ経営研究所
静岡市

株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川島 祐治)と静岡市(田辺信宏市長)は、静岡市内のSDGs普及拡大を目指し「SDGs×静岡市×メディア プロジェクト」を発足させました。今後、市民対してマスメディアを通じたSDGsの理解及び普及を促進するため、SDGsを共に学び、対話や議論の場となるメディアミーティングを2018年度内に複数回開催します。また、企業や大学との連携も視野に入れ、同プロジェクトを「市内のSDGs普及の柱」として拡大していきます。

【背景】

 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年に国連にて採択された「持続可能な開発目標」です。先進国を含む国際社会全体の目標として、2030年を期限とする包括的な 17のゴールを設定しています。全ての関係者(先進国、途上国、民間企業、NGO、有識者等)の役割を重視し、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し(=人間の安全保障の理念を反映)、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に、統合的に取り組むことを約束しています。日本政府もSDGs導入推進に注力しており、大手企業でも事業計画にSDGsを取り入れるなどの動きが広がっています。
静岡市でも、3次総に掲げる『世界に輝く静岡』の実現に向け、本年度から5大構想にSDGsを組み込むなど、取り組みを本格化しました。6月には、内閣府からSDGs未来都市の認定を受けました。
一方、静岡市のSDGsに関するアンケート調査結果(市政アンケートモニター)によると、SDGsを認知しているのは1割程度であり、SDGs普及拡大も急がれます。そこで、SDGs関連のコンサルティングを手がけるNTTデータ経営研究所と静岡市はタッグを組み、静岡市において「SDGs×静岡市×メディア プロジェクト」を実施することにしました。

【キックオフについて】

 同プロジェクトのスタートにあたり、SDGsの普及拡大に重要な役割を果たすメディアの皆様に、プロジェクトの狙いや活動をご理解頂くため、本日7月20日に『キックオフミーティング2018』を開催しました。同ミーティングには、静岡市 田辺市長も参加し、SDGsの取り組みやその方向性を直接お伝えし、メディア各社が垣根を越え対話をする場を設けました。

【今後について】

 8月から、全メディアで業務別の小規模グループをそれぞれ形成し、グループミーティングを開催する予定です。例えば、経営企画担当、総務担当、報道担当、営業担当といったグループ内で、SDGsそのものの理解や、普及拡大への意識共有、そして今後のアウトプットに至るまで、対話と議論を進めていきます。このミーティングにより、メディアにもプラスに作用するパートナーシップが実現し、市民に対しSDGsに関する良好なアウトプットを期待します。また、同プロジェクトが市内のSDGsの普及拡大に繋がり、より一層魅力ある街づくりを目指すことができると考えています。




【本件に関するお問い合わせ先】

■ 報道関係のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
コーポレート統括本部 経営企画部
広報担当
Tel:03-5213-4016(代)
E-mail:


■ 内容に関するお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
社会基盤事業本部
社会・環境戦略コンサルティングユニット
鳥海 彩
Tel:03-5213-4150
E-mail: